インターネットの社会

インターネットで本当の出会いを・・・。そういう場合、現代社会でちょっとソーシャルネットワークサービスの存在も侮れないようです。確かに、本当の出会いを求めて、SNSに向かう人たちが増えてきました。実際に、ソーシャルネットワークサービスとはそういう場所なのでしょうか・・・。確かに、SNSは、恋愛が成立する場所として可能なようなのです。その為、SNSに写真をアップロードしている人たちも結構多いようです。
何か意識が、本当の出会いへと先走りしていめる傾向も見られるようですが、まずは、みなさんに基本のコミュニケーションの意識を大事にしていただきたいと思います。インターネットのコミュニケーションは、やっぱり、リアルワールドのコミュニケーションよりも大事に、セキュリティーの面でも注意しなければならないことが多いと思います。
そして、インターネットの世界だから、たわいもない言葉によって、炎上してしまうことも大いにあり得ることです。みなさん、インターネット世界に自分の感情を抑えることも出来なくなっているようです。そういう意識をしっかり持っていないと、後少しと言うところで、本当の出会いを逃し、リスクばかり引き受けてしまうことも多いのです。

個人情報に注意

インターネット上において、個人情報の流出というのは致命的な問題となりかねません。
それはコミュニケーションスペースであるSNSにおいてもまったく同様です。
SNSでやり取りなどをしていると、利用しているのは皆自分の知り合いでいい人ばかりという感覚に陥りがちなので、特に注意が必要といえるのです。
ではどんな点に注意をすればいいのか、最重要なポイント2つをここで紹介しておきましょう。
まず、友達を作りたいがためにページ上にメールアドレスを公開している人もいますが、これはやめておきましょう。
スパムなどの迷惑メールが送られてくるだけならセキュリティソフトでも対処が可能ですが、架空請求やワンクリック詐欺などの標的になった場合はセキュリティソフトでは対応し切れない場合があります。
本来ならアドレスの公表は控えたほうがいいのですが、どうしても必要なら無料でアカウントを取得できるフリーメールアドレスを利用するべきでしょう。
これならトラブルが起こった場合にポイ捨てすればいいだけですから、問題ありません。
次に、個人が特定できるような情報をしっかり把握しておくという点です。
前述のメアドはもちろん、住所や電話番号も同様です。
また、プロフィールに勤務先や出身校などを記載している人もいますが、それらから個人が特定されることもあります。
よく利用する施設やお店、駅などからも生活圏内が判定される場合もあるので、そういった固有名詞を挙げることはオススメできません。
写真をアップする場合にも、注意しましょう。
車のナンバープレートやバックの景色や家並みなどからでも身元が特定されてしまうかもしれません。
あまり神経質になりすぎるとSNSを楽しむことができなくなりますが、こういった点にも気を遣うことがSNSを安全に楽しむコツでもあるのです。

出会い系サイト、そしてソーシャルネットワークサービス

時代はインターネットの出会い系サイトと言うよりもソーシャルネットワークサービスなのです。SNS熱がかなり熱いといいたいのです。しかし、ソーシャルネットワークサービスは一時期、紹介制と言う閉鎖的システムを採用し、実名でアカウント登録というケースも多かったようです。
しかし、、やっぱりソーシャルネットワークサービスでも匿名登録の人たちが圧倒的多数なのではないでしょうか。
ソーシャルネットワークサービスに強みがあります。、されでも、SNSの人気が圧倒的ということです。人たちが集まるから、ソーシャルネットワークサービスで本当の出会いが出来る筈です。
しかし、こういう状況だからこそ、私達はSNSに対して、セキュリティーも万全に払っていかなければならない問題があります。だから、匿名も正解ですし、余計な個人情報はそういう場所で晒すものではありません。ここでSNSにちょっと注意していただきたいのは、昔あった出会い系サイトがソーシャルネットワークサービス化したものがあると言うことです。だから、ソーシャルネットワークサービスでサクラがいないからいいと思っている人たちは、ちょっと用心しなければならない問題です。SNSだって、出会い系サイト同様サクラも存在するようです。出会い系サイトと同じと言えば同じようなものです。
しかし、ソーシャルネットワークサービスには、純粋ソーシャルネットワークサービスもあります。SNSと出会いを目的としている訳ではありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ